9月 18 2014

子どもは得意?

子どもは天真爛漫、純粋で無垢な存在といえるのではないでしょうか。
それ故に、右も左もわからない好奇心あるれる存在です。
全力で常に前へ前へと走り、楽しい事だけを負い続けるその姿は
見るもの全ての人の心を癒してくれます。
 

そんなかわいい幼児もたちに携わりながら、生活してしたいと思い
大学に進学して、自分の将来を考える際に、幼稚園の先生になりたい
保育士の先生になりたいと考えるのではないでしょうか?
幼稚園の先生になれば、3~5歳くらいの幼児たちの授業を受け持つ事になり
保育士の先生なら、0~5歳くらいの乳幼児から幼児までの成長に
携わる事ができます。
 

よく勘違いされているのが、小さい子をあやすのが得意で
簡単なことを教えるだけだから、保育園に勤めるのって
そこまで難しくないんじゃないかな?わたし、子ども大好きだしって
何も知らないうちは考えてしまうかもしれませんが
実際は全く別物という事がわかるでしょう。

 
大学に通い、通っているうちに様々な資格を取得する必要があるのです。
国で定められている資格を取得しないと
保育士という仕事に携わる事はできません。
 

保育士は様々な事を勉強していかないと、この二つの仕事に
携わる事はできません。
大学に通って、どのような資格を取得しなければならないのか?
どのような勉強をしていかなければならないのか?
保育士の先生になるため、勤めるための気になる疑問を
紹介していきたいと思います。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする