10月 02 2014

入学から求人探しまで

保育園で勤めるという事は、保育士の立場になるという事になります
保育園児という生徒を教育していく必要がありますので
これらの2つの仕事に携わるためには、資格の取得が必要となります

 
資格のない人が、人に物を教えるとなると、しっかりとした知識がないが為に
間違った教育をしてしまう可能性も考えられます
幼稚園の先生になるためには、必要なのは幼稚園教諭二種・一種の資格になります
保育士の先生になるために必要なのは保育士資格になります

短期大学などで資格取得のためのコースを専攻し、単位を修得する事ができれば
男性女性、年齢を問わずに、誰でも取得する事ができます
取得するための勉強もそれほど難しいわけではありません
勉強をサボらずに単位の修得に努力すれば大丈夫なはずです
 

ただ、人によっては、取得の際に
大きな壁となってしまう可能性があるのが、ピアノになります
 
現役の保育士の中にも、ピアノが苦手っていう人が結構います
園児の教育に携わるためには、ピアノを弾きながら歌を歌えることが前提となります
今までピアノに触ったことがあるがなかろうが関係ありません
初心者でいたら、相当な練習が必要になると思われます
幼稚園の先生や、保育園の先生になりたいと決めたら直ぐに
ピアノの勉強を始めるようにしましょう
 

そして卒業の見込みが立てば今度は求人との格闘が始まります
学校に届く求人票をみて、気になる求人は担当の人に質問したり
先生に求人元の情報を入手したりしながら
自分に合いそうな求人には積極的に応募し面接をしてみましょう
よい条件の求人はなくなるので、早く行動を始めるのが肝心です
新卒の活動はまずは求人を良く観察しましょう
 
 
保育士求人・保育園求人の【保育士ランド】